Original Cool

私は、車を使うのは普段の買い物で、いわゆるチョイ乗りです。なので、あまりカタログ燃費は気にしていません。買い物も、数箇所の店を周るので、荷物を両手に持っての乗り降りが頻繁な為、その際のストレスが少ない方が良いです。必ず食品も買うので、直射日光が当たりにくい場所に手軽にサッと置けるスペースが欲しいです。最近はトランクがなかったり、トランクの場所のフタがなく、オプションのフタも簡易な物が多いのが気になっています。

【車査定】相場の調べ方&車査定額を数10万円上げる方法

でも簡易的であってもフタがあるのとないでは、夏場の車内温度がかなり違います。帰宅して、家に生鮮食品を運びますが、一度に全部は運べません。スーパーでろ過水をいくつか汲んだ場合や、米などもあり、駐車場と家を何往復もするので、一定時間、車に置かざるを得ないので、炎天下では特にトランクのしっかりしたフタが欲しい物です。

また、車の色は、濃い色ほど日光の熱を吸収して暑くなるので、出来れば薄い色にしたいと思います。乗り降りではスッと座れる位置が良いです。高低差があり過ぎると、乗り降りで腰を痛めます。車内は、見晴らしが良いと、気分も良いですから、リアも含めて窓が広く、明るい方が好きです。視界の為に、リアは、プライバシーガラスよりもグリーンガラスにしたいです。

私が今欲しい自動車は四駆式の自動車である。
車高が高く遠距離での運転が楽な面、細い道は通りにくい事や小回りが利きにくい面があるが
やはり荷物が乗り、外観からもオーラがあることから免許を取得した時から「乗りたい!」と
思わせる魅力のある車種である。
特に日本車は海外からも人気が高く、トヨタのハリアーやスバルの四駆は一度乗ってみたいと思わせる。
歴代の車であるのならトヨタのSSRが復刻して欲しいと少なからず願っている。
それとは別に気になっている車があり、トヨタのアベンシスはシート等がヨーロッパ仕様になっており
少し硬く、長距離を走るのには最適である上、小回りが利く車と評価があることから少し気になっている。
最近出たスバルのレヴォーグ等の新車はやはり気になる。
これとは反面買いたい車は維持の低い車がありがたい。
この時代やはり人気がある車は軽自動車だ。
燃費も良く、トヨタのプリウスやアクア等も注目されたが、やはり最低3年間乗り続けることを考えると
軽自動車が手軽に買え、小回りが利き、維持がしやすいみたいだ。
一番自分の理想を叶えてくれる車がこの世に存在しないのが残念だが
将来この様な車に乗りたいという願望があるだけ飽きないのがいいかもしれない。

車査定|相場の簡単な調べ方・車査定で高く売る一括サイト利用術